menu
Webを活用してお客様のビジネス課題を解決します。札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発・サーバ構築会社です。
Google検索品質評価ガイドラインPart 1「ページ品質評価のガイドライン」

2.5.2 ウェブサイトの責任者とページのコンテンツを作成した人物を探しだす

最新原文:2021年10月19日 | 公開日:2022年07月05日

すべてのページはウェブサイトに属しており、以下のことが明確であるべきです:

● 誰が(どのような個人、会社、企業、財団などが)そのウェブサイトの責任者なのか。
● 評価するページのコンテンツは誰が(どのような個人、会社、企業、財団などが)作成したのか。

ウェブサイトは通常誰がそのページのコンテンツを作成したかについてとても明確です。これには多くの理由があります。:

● 商業的なウェブサイトには保護したい著作物がある場合があります。
● 企業はユーザーには自分たちが何者であるかを知ってもらいたいと考えています。
● 芸術家、作家、音楽家、その他のオリジナルコンテンツ制作者は通常、知られたり評価されることを望んでいます。
● 財団は多くの場合、支援やボランティアを求めています。
● 高級な店はユーザーがオンラインで快適に購入できることを望んでいます。
● ウェブサイトはユーザーが自分で作ったコンテンツと他のユーザーによって追加されたコンテンツを区別できるようにしたいもので す。

ほとんどのウェブサイトには、「お問い合わせ」または「会社概要」、「ABOUT」ページがあり、そのサイトを所有しているのが誰なのかについての情報を提供しています。多くの企業はウェブサイトやブログ全体を使って自分たちが何者で何をしているのか、どんな仕事があるのかの求人などを紹介しています。GoogleとMarriottはこの例であり、他にもたくさんあります:

Google Official Blog
Marriott Blog
Southwest Airlines Blog
Netflix Tech Blog

多くの場合においてウェブサイトのコンテンツは個人ではなく企業または組織が責任を持ちます。IBM Corporation は、ibm.com のコンテンツに責任を持ちます。クリーブランド・クリニックは、clevelandclinic.orgのコンテンツに責任を持ちます。これらのウェブサイトのコンテンツは多くの個人が作成と維持に貢献していますが、個人が責任を負うものではありません。このような場合、私たちは企業または組織がすべてのページのコンテンツとウェブサイトの保守に責任を持つものと見なします。

ウェブサイトによっては、ユーザーが多くのページのMCを作成し、企業や組織自体がウェブサイトを維持管理しているものもあります。Facebook社はFacebookサイトの運営に携わっていますが、Facebookの個人ページのコンテンツは個人が作成しています。ウィキペディアはウィキペディアのウェブサイトを管理していますが記事のコンテンツは個人が作成しています。その他、YouTube、Twitter、その他のソーシャル・ネットワーキング・サイト、その他の記事掲載サイト、Q&Aサイト、フォーラムなどユーザーが作成したコンテンツを持つウェブサイトが沢山あります。これらのウェブサイトでは各ページを良く見てそのページのコンテンツの著者または作成者を判断する必要があります。

最後に、ライセンスや シンジケートされたコンテンツを表示するウェブサイトがあります。これはそのウェブサイトがコンテンツの作成者に金銭を支払ったか、作成者と何らかの取引関係を持っていることを意味します。このような場合たとえウェブサイト自身が作成したものでなくても、ライセンスやシンジケーションを受けたコンテンツの品質にはそのウェブサイトが責任を負うと考えます。

原文

2.5.2 Finding Who is Responsible for the Website and Who Created the Content on the Page

Every page belongs to a website, and it should be clear:

● Who (what individual, company, business, foundation, etc.) is responsible for the website. ● Who (what individual, company, business, foundation, etc.) created the content on the page you are evaluating.

Websites are usually very clear about who created the content on the page. There are many reasons for this:

● Commercial websites may have copyrighted material they want to protect.
● Businesses want users to know who they are.
● Artists, authors, musicians, and other original content creators usually want to be known and appreciated.
● Foundations often want support and even volunteers.
● High quality stores want users to feel comfortable buying online.
● Websites want users to be able to distinguish between content created by themselves versus content that was added by other users.

Most websites have “contact us” or “about us” or “about” pages that provide information about who owns the site. Many companies have an entire website or blog devoted to who they are and what they are doing, what jobs are available, etc. Google and Marriott are both examples of this, and there are many others:

Google Official Blog
Marriott Blog
Southwest Airlines Blog
Netflix Tech Blog

Often a business or organization is responsible for the content of a website, not an individual person. The IBM Corporation is responsible for the content on ibm.com. The Cleveland Clinic is responsible for the content on clevelandclinic.org. An individual is not responsible for the content on these websites, even though many individuals contributed to creating and maintaining the content. In these cases, we will view the business or organization as responsible for the content on every single page, as well as maintenance of the website.

On some websites, users create the MC of many pages, while the business or organization itself maintains the website. The company Facebook is responsible for the Facebook website, but individuals create the content on their personal Facebook pages. The company Wikipedia is responsible for the Wikipedia website, but individuals create article content. Other websites with user-generated content include YouTube, Twitter, other social networking websites, other article publishing websites, Q&A websites, forums, etc. For these websites, you must look at each page to determine the author(s) or creator(s) of the content on that page.

Finally, there are some websites that show licensed or syndicated content. This means that the website has paid money or has some business relationship with the creator of the content. In these cases, we will consider the website to carry responsibility for the quality of licensed or syndicated content, even if it wasn’t created by the website itself.