menu
Webを活用してお客様のビジネス課題を解決します。札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発・サーバ構築会社です。
Google検索品質評価ガイドラインPart 1「ページ品質評価のガイドライン」

2.5.3 会社概要、連絡先、カスタマーサービス情報等を探しだす

最新原文:2021年10月19日 | 公開日:2022年07月06日

多くのウェブサイトはユーザーとのコミュニケーションに関心を持っています。ページが壊れているなどの問題を報告したり、コンテンツの削除を依頼したりと、ユーザーがウェブサイトにコンタクトする理由はさまざまだと考えられます。多くのウェブサイトは、電子メールアドレス、電話番号、住所、ウェブお問い合わせフォームなど、ユーザーがウェブサイトに連絡するための複数の方法を提供しています。この連絡先情報は場合によっては部署ごとに整理され、連絡すべき個人の名前が記載されていることもあります。

必要な連絡先情報の種類や量はウェブサイトの種類によって異なります。店舗、銀行、クレジットカード会社などお金を扱うWebサイトでは連絡先やカスタマーサービス情報が非常に重要です。問題が発生したときにユーザーが質問したり、助けを求めたりする方法が必要なためです。

ショッピングサイトでは特に確認していただきたいことがあります。支払い、交換、返品に関するお店の方針など、連絡先などを確認してください。この情報はしばしば「カスタマーサービス」の下に記載されています。

ウェブサイトの種類によっては目的に応じた詳細や連絡先情報を必要としないものもあります。例えば、ユーモアのウェブサイトではオンライン銀行のウェブサイトに期待されるような詳細な連絡先情報は必要無いでしょう。

時には匿名性を必要とする正当な理由のあるウェブサイトに遭遇することがあります。例えば、個人的なウェブサイトでは個人の住所や電話番号などの個人的な連絡先情報を掲載しません。同様にユーザーが作成したコンテンツを含むウェブサイトでは、作成者が別名またはユーザー名のみで自身を特定できるようにすることがあります。

ウェブサイトの連絡先やカスタマーサービス情報を探すには、まずホームページから始めましょう。「お問い合わせ」または「カスタマーサービス」のリンクを探します。「お問い合わせ」のページが見つからない場合はウェブサイトを検索してください。時には「コーポレートサイト」のリンク先や、会社のFacebookページで連絡先を見つけることができます。探偵になりましょう!

なお地域によってはウェブサイトで公開すべき情報について独自の基準や要件を持っている場合があります。

原文

2.5.3 Finding About Us, Contact Information, and Customer Service Information

Many websites are interested in communicating with their users. There are many reasons that users might have for contacting a website, from reporting problems such as broken pages, to asking for content removal. Many websites offer multiple ways for users to contact the website: email addresses, phone numbers, physical addresses, web contact forms, etc. Sometimes, this contact information is even organized by department and provides the names of individuals to contact.

The types and amount of contact information needed depend on the type of website. Contact information and customer service information are extremely important for websites that handle money, such as stores, banks, credit card companies, etc. Users need a way to ask questions or get help when a problem occurs.

For shopping websites, we’ll ask you to do some special checks. Look for contact information—including the store’s policies on payment, exchanges, and returns. Sometimes this information is listed under “customer service.”

Some kinds of websites need fewer details and a smaller amount of contact information for their purpose. For example, humor websites may not need the level of detailed contact information we would expect from online banking websites.

Occasionally, you may encounter a website with a legitimate reason for anonymity. For example, personal websites may not include personal contact information such as an individual’s home address or phone number. Similarly, websites with user-generated content may allow the author to identify him/herself with an alias or username only.

To find contact or customer service information for a website, start with the homepage. Look for a “contact us” or “customer service” link. Explore the website if you cannot find a “contact us” page. Sometimes you will find the contact information on a “corporate site” link or even on the company’s Facebook page. Be a detective!

Note that different locales may have their own specific standards and requirements for what information should be available on the website.