menu
VOICES
OF
SENIORS

先輩たちの声

デジタルファームの先輩社員たちの生々しいインタビューをお届けします
 

お客様から信頼されているな、と感じる瞬間に、やりがいを感じます K(入社3年目)

Webディレクター I

ー前職は何をされていましたか?

元々は都内の広告代理店で営業とプランナーをしていたのですが、その後プロスポーツクラブの広報を経て、弊社に入社しました。

 

-Webに関する知識はどの程度お持ちだったのでしょう?

前職の広報時代に、WebサイトやSNSを使って告知活動をしていましたが、どちらかというと使う側からの視点で、制作する、開発するという視点での知識、経験は全くありませんでした。慣れ親しんでいたという点ではあまり違和感は無かったのですが、細かい知識経験は全く無かったので、技術的な知識は個々Webプログラマーなどの技術担当者とやりとりしながら引き出しを増やしているところです。

 

-細かい知識や経験が無いという事で不安はありませんでしたか?

全く未経験な領域ではありませんでしたが、やはり細かな点で大丈夫かな、とは思いました。その点は面接の時にも伺ったのですが、デジファカレッジのお話しだったり、いろいろと話をきいているうちに、これはどうにかなりそうだなと思いまして入社しました。結果的には良かったなと思っています。

-今はどんなお仕事をしていますか

ポジションとしてはWebディレクターですが、どちらかと言うとプロジェクトマネージャーの方がしっくりくるかも知れません。単にサイト制作のディレクションをしているというより、予算管理もしていますし、既存のお客様であれば細かい機能改善のご提案をしたり、あるいは頂く様々なご相談に対して、WebプログラマーやWebデザイナーと相談した上でご提案をしたり、あるいはサーバで問題が起きたときはインフラエンジニアと一緒に解決に当たったりもしています。

Webプログラマーと楽しく食事@池袋

 

-お仕事をしていてどんな所にやりがいを感じますか?

やはりお客様から信頼されているな、という所を感じた時ですね。弊社の場合、一つのプロジェクトを複数名で担当していますが、時々わざわざお客様がなぜか私ご指名でご相談を頂く事があります。その時はやぱり信頼されているんだな、と嬉しくなりますね。それと、お客様がテレビ局だったり、単に綺麗なホームページを作る、予算があるから使う、では無く、自社のビジネスに役立たせたい、という明確な目的意識を持ったお客様ばかりなので、皆さん真剣で、そういう点でもとてもやりががあるなと感じます。

 

-弊社の課題はどこだと思います?またそのための解決策は何だと思いますか?

基本、個々人それぞれが忙しい事が多いので、結果的に個人への丸投げ度が結構高いなと感じる事はあります。もう少し組織的に連携プレーをしていければいいなと思うのですが、ついつい丸任せになってしまい、よく見たら実は社内の別プロジェクト同志で同じ事を実はやっていたという事がままあります。この辺は今後人員を増やすしていく事によって改善いていけるのかなと思っています。

 

ー自社のここは良いところだなと思うのはどんなところですか?
とにかくフランクな社風で、基本好き勝手言える、という事ですね(笑)。風通しはとても良いと思います。代表の田中はとにかく多忙なので、時々ざっくりした感じで「これお願い」とタスクを渡してきてびっくりすることもあるのですが(笑)、問題点の指摘にはきちんと耳を傾けてくれるなと感じますし、妥当だなと思った事はすぐに受け入れてくれ、改善してくれます。そこはとてもうちの良いところだなと思います。