menu
札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発会社・アプリ開発会社です。

手軽にできるライブ配信サービスのご紹介

2018/06/14

最近ではSNSや専用アプリを利用して誰でも手軽にライブ配信を行えるようになりました。
SNSの機能から単体のアプリまで沢山のライブ配信サービスが存在します。
そんな今、熱いライブ配信サービスの中からおすすめのサービスをご紹介したいと思います。

1.ライブ配信ってなに?

そもそもライブ配信とは、ライブストリーミングによるリアル動画配信サービスの事をいいます。
PCやスマホなどからライブ配信を行う事で誰もが(個人から法人まで)リアルタイムの生放送をすることができます。

企業イベントなどのLIVE配信といえば「USTREAM」という方も多いかと思いますが
残念ながら2017年の3月31日に終了しています。(2017年4月からBMのクラウド動画サービス「IBM Cloud Video」として運用されています)

 

2.各サービス比較表

※月額料金がかかるサービスはお試ししておりません。ご了承ください

3.主なライブ配信サービスと特徴

Youtube LIVE
・Googleが運営する動画配信サービス「YouTube」のライブ配信機能
・PC・スマートフォンアプリの両方から利用可能
・ライブ配信後に動画はYoutubeに自動的にアップロードされる
・Youtubeから視聴できる為、多くの方から視聴しやすい

 

■Twitterライブ
・twitterアプリからライブ配信が可能
・コメント機能やハートを送るなどが可能
・ライブ配信後の動画はタイムライン表示され後から視聴する事も可能

 

Vimeo LIVE
・会員規約などにかなり強くオリジナル性と芸術性が求められておりアーティストやクリエイターなどの投稿が非常に多いのが特徴
・Vimeoへの配信時にFacebookやYoutube、好きなRTMP先に同時配信が可能
・有料であり、月額コストがかかる
・パスワード保護など特定の視聴者に向けた配信設定を行える

 

facebook LIVE  おすすめ!
・facebookを利用してライブ配信が可能
・アプリ・PCの両方から利用可能
・配信者と視聴者双方からコメントの入力が可能

 

LINE LIVE
・コミュニケーションアプリの運営で有名なLINEが運営するライブ配信アプリ
・芸能人や著名人の公式ライブ配信が人気
・配信者と視聴者双方からコメントの入力が可能
・LINEでの配信・視聴はできず、専用アプリのインストールが必要

 

ニコニコ生放送
・ドワンゴが運営する動画プラットフォーム「ニコニコ動画」内の配信サービス
・公式放送から個人の生放送まで各種放送が充実
・配信にはプレミアム会員登録(有料会員登録)が必須
・画面上に流れるコメントが特徴で、リアルタイムでコメントを投稿可能

 

Instagram
・「Instagram」のフォロワーに対してライブ配信が行える機能
・リアルタイムにコメントやいいね!を送れる

 

SHOWROOM
・某女優さんと交際の噂がある社長さんで一躍有名になったライブ配信サービス
・リスナー(視聴者)がアバターとして参加できる
・アイドルや有名人のライブ配信が人気で若者の視聴者が多い
・リスナーがギフトと呼ばれるバーチャルアイテムをプレゼントする形で配信者を応援し、そのギフトは配信者の報酬になる

 

17 Live
・台湾発のライブ配信アプリ
・画像や動画の投稿、ライブ配信やライブ配信の視聴が可能
・配信者と視聴者がコメントでリアルタイムにやりとりが可能
・配信者にギフトを送る事ができる

 

沢山のサービスの中でご紹介したのは一部のサービスです。
生放送をする目的や視聴者等を考慮し最適な配信サービスを選ぶ事が大切になると思います。
これからライブ配信をしたい、しようとしている方の助力となれば幸いです。

「Webをビジネスにもっと活用したいが、どうしたらいいだろう」

お気軽にご相談ください。貴方のビジネスに寄り添いながら気の利いたご提案と開発を行います。

お問い合わせはこちらから