menu
札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発会社・アプリ開発会社です。

失敗しないECサイト構築会社の選び方とは

2015/10/19

ECサイトは構築する際、当たり前ですが、まず業者を探さなくてはなりません。いわゆる「ホームページ制作会社」を探し、ECサイトの構築事例を見てみたり、あるいはECサイト専門の開発会社を探したり、ECパッケージを比較したりなどは、多くの方がされたことがあるのではないでしょうか。

ECサイト構築 業者選び

ECサイトの場合はまさにリリース後こそが、真の商売の始まりです。ほとんどの場合、構築した会社にそのまま運用保守もお願いする事になりますから、ECサイト構築をどこに頼むかは、単に開発会社を見つけるというより、ビジネスパートナーを見つけるのに近いと言える、極めて大事な作業になります。

では、ECサイト構築を依頼する際、どのような条件で構築会社を選んだら良いのでしょうか。

当然求められる条件は、運営会社の要望によって大きく変わってきます。大規模案件であれば、半日ECサイトが止まるだけで数十万、場合によっては数百万円の売上のロスになりますから、24時間365日迅速な対応と稼働保証が必要ですし、そのためのコストを負担する体力も持っています。当然引き受ける開発会社もかなりの開発人員がいるところがふさわしい事になります。

他方、それほど大きくないECサイトであれば、開発会社にお支払い出来る運用保守費用には限度がありますし、万が一の際のインパクトも正直それほど大きくはありません。そうなると、いわゆる常識の範囲で(これが問題なのですが)きちんとやって欲しいと言うニーズになります。必然的に中小規模のECサイト構築会社がパートナーという事になります。

このように、ECサイト構築会社に求められる条件は、運営するECサイトの規模によって大きく変わります。

ですが、一つだけ、構築するECサイトの規模に関係無く、考慮しなければならない条件があります。それは、社内に必ずシステム開発の技術者がいる構築会社を選ぶ、という事です。

そしてこれが通常のコーポ-レートサイト(会社ホームページ)を頼む時と、一番決定的に異なる選定基準になります。

ECサイト構築 トラブル対応

どういうことかと言いますと、ECサイトの場合、運営していると必ず一定数の割合で問題やクレームが顧客から発生します。その場合、ECサイト開発会社に最低限の技術者がいないと、そもそも前提となる問題の切り分けすら出来ず、一向に問題が解決得出来ない、結果売上の機会損失になる事が往々にしてあるからです。

例えば以前弊社がご相談頂いて事例にこんな事がありました。

お客さまからECサイト運営元に電話が来て「バスケットに商品を入れて、クレジットカードの決済画面が出たところで画面が真っ白になってしまった。商品が購入できたのかどうかも分からないし、一体どうなったのか」というものでした。

そこで運営会社が保守をお願いしているホームページ制作会社に連絡したものの、何週間も待たされたあげく、結局「原因がよく分からない。ECサイトを作って3年くらい経つので、そのシステムが古いのが原因だと思います」という事でリニューアル提案を持ってきたとのことです。結局拉致があかず、そのECサイトではメンテナンス中ということでクレカを使用停止にしてしまいました。当然その分売上をロスする事になるわけです。

聞くと唖然とするようなお話ですが、実は中小規模案件ではこういうことはそう珍しいお話ではありません。

ECサイト構築 トラブル対応

昨今のWebデザイン中心のホームページ制作会社では、サーバーやプログラマーがいない場合も良くある、というより、むしろその方が多いと言えるでしょう。なのでECサイトの開発経験があると言っても、単にレンサバの管理画面からボタン一発でインストールして使っているだけのケースもよくある事です(良い悪いとは別のお話ですので念のため)。

なので、何か問題が起きてしまうと(往々にして起こります)それがEC CUBE事態にあるのか、ホスティング会社にあるのか、クレジットカード代行決済会社にあるのか、それともお客様のブラウザにあるのか、ISPにあるのか、という問題を解決する上での前提からして切り分けが出来ないのです。

ECサイト 運用

社内にプログラマやサーバー技術者がいれば、サーバーのログを追っていけば、どこでエラーを吐いているかすぐ分かりますから、問題を比較的早く特定する事が出来ます。この手の問題解決には経験値も重要になってきます。

また優秀なWebディレクターがいれば、安いレンサバ、ホスティング環境を使っていると、ほとんどの場合サーバーのログを見ることが出来ないので、そもそそそんな安いサーバーを使う事を前提としてお勧めしないでしょう。数千円けちったがために、自分の時間を何時間もロスしてしまったり、売上を逃がしてしまっては本末転倒です。

最近は様々なツール、ソフトウエアがカンタンに便利に、専門知識無しで利用出来るようになりました。なので、プログラムやサーバーについての技術者がいなくても、あるいは中途半端な知識でも、画面の指示に従ってとんとんインストールすれば、すぐに利用出来てしまいます。しかし、所詮それはうわべの知識であり、技術力とは別物です。

ECサイトは普通のコーポ-レートサイトとは要求される技術レベルが全く異なるのです。

ECサイト 運用

ECサイトをそれなりの規模で成長させたい、売上の軸として育てて生きたい、という事であれば、社内に技術者のいないホームページ制作会社は、何か問題が起きた場合に対応する能力が無い可能性が高く、そこを基準に選定する事が、ECサイト事業を安定稼働させる上でとても重要になってきます。無駄なストレス無くサイト運営をしたいものですね。

・売れるための中小企業のためのECサイト構築、ECサイトのコンサルティング等のご相談はこちらまで。札幌、東京、全国どちらでもお伺いします。