menu
札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発会社・アプリ開発会社です。

ECサイトは自社ドメインか、ショッピングモールかの最終回答。

2015/09/10

しばしばクライアントから

「田中さん、今は自社ドメインのECサイトしかやってないけど、楽天とかヤフーショッピングとかにもやはり出店した方がいいのだろうか」

というご相談を受けます。昨今、この質問は良く受ける代表例の一つです。

ECサイトも普通の店舗と同じなのは、店舗数が多ければ多いほど、売上が上がる確率は高くなる、という事です(利益率はさておいて)。

ある意味当たり前の事ではありますが、要はお客様に接する機会が増えれば、それだけ商機に繋がり、売上が上がる確率が高くなるわけですから、それはネットもリアルも変わりません。

そのため、売上だけ考えるのであれば、他にもいろいろと出店した方がネットでも売上が上がるのは言うまでもありません。

しかし、私はクライアントに

「自店舗以外のモールに出店するというのは、要は海外に支店を設けるのと同じなんです。その体力があるのならやられてはいかがでしょう」

というお話をしています。

ECサイト構築 モール出店

どういう事かと言いますと、楽天やヤフーショッピングストア、Amazonなどのいわゆるショッピングモールは、それぞれサイトのオペレーション方法、つまり管理機能の使い方が全く異なっており、同じものは一つとしてありません。商品登録方法一つとっても、各社全く統一性はありませんし、しかもこう書くとなんですが、かなり使いにくいものが多いです。そもそもその使い方を学ぶためにまた膨大な時間がかかります。

つまり、外部サイト、モールに出店するという事は、「海外に支店を出す」のと同じくらい大変だという事です。言葉も違う、ビジネスの商習慣も違う、右も左も分からない中で、出店し、現地化し、本店との統合管理を図りつつ、売上を伸ばしていかなくてはなりません。

ECサイト モール出店

一つお断りしておくのは、私は「ショッピングモールは手数がかかるだけで利益率が低いので出すべきではない」と言っている訳ではありません。モールには多くの事業者が現実に出店しており、中には(勿論濃淡はありますが)うまくやっている会社さんも沢山あります。投資が出来れば、それに見合うリターンもしっかりあります。

ECサイト構築 モール出店

要は売上だけ見れば先の通りで、メリットはありますが、御社に海外に出店するだけの体力がありますか?という事なのです。また、そもそもECサイトの基本がわかってないままモールに出店しても、広告料だけやたらとかかってしまい、結局家賃代も払えず撤退してしまう可能性もあり、そういう事例も現実的にかなりあります。

 

多店舗展開も結局リアルと同じで、売上が上がるかどうかという観点ではなく、自社が運営も含めて、トータルな意味で投資出来るか、店舗を回すだけの体力があるのかどうか、という観点で考えるのが吉です。

  ・売れるための中小企業のためのECサイトのコンサル、構築ご相談はこちらまで。札幌、東京、全国どちらでもお伺いします。