menu
札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発会社・アプリ開発会社です。

動画のファイルサイズ(容量)というのはどれくらいになるのか?

2020/05/03 動画のファイルサイズ(容量)というのはどれくらいになるのか?

遠隔授業で録画したい、あるいは動画をネットで流したいんだけど、そもそも動画のファイルサイズって何メガバイトくらいになるものなんだろう・・・?というご相談を受ける事があります。今回はそれを実際にネットでストリーミング配信している動画を例に、ご説明したいと思います。

 

結論 動画のファイルサイズ(容量)は、秒あたり●MBになる

超ざっくりに言いますと、動画のファルサイズ、容量というのは、約0.3MB/sec が一つの「目安」になります。

つまり、一秒あたり約0.3MBの容量になります。

なので、30分の動画のファイルサイズは大体540MB前後になりますし、60分であれば約1,080MB、90分であれば1620MB前後が最低限のサイズという事になります。

なぜ目安かというと、動画は画質やそこに写っているものによって、動画のファイルサイズ(容量)が変わってくるためです。

なので、低画質より高画質の方が動画のファイルサイズ(容量)は大きくなります。また、動きの全然無いものであれば、動画のファイルサイズ(容量)は少なく済みますし、動きがあるものを録ると、それだけ当然動画のファイルサイズ(容量)が大きくなる、という事になります。勿論動画の尺(再生時間)が長くなると、それだけファイルサイズ(容量)が大きくなるのは言うまでもありません。

実際にストリーミングで公開している動画ファイルでファイルサイズ(容量)を検証してみる

弊社で主催しているトリテンTVのというコーナーがあるのですが、実はここで動画をストリーミング配信しています。

 

J1のクラブチームのバラエティ番組的な内容なのですが、撮影場所は練習グラウンドであったり、クラブハウス内であったり、神社でもロケであったり様々です(試合風景だけありません。そこはDAZNさんの規約に触れるので流せない取り決めになっています)。

という一定の条件ではありませんが、程良く室内、室外の動画が混じっています。これの直近10本の動画の尺(放送時間)とファイルサイズを計測してみました。ちなみにカメラは映像制作をしていただいているライターさんのカメラ(iPhone7)を利用しています。また動画を編集する際に、画質をかなり押さえています(授業と違って高画質にする被必要があるため)。

動画の尺とファイルサイズ(容量)
※すいません、有料会員限定コンテンツなので、閲覧には有料会員登録が必要です。

ということで、非常にざっくりですが、見ての通り、1秒あたり0.3MBというのは、一つの目安としては利用可能かと思います。ただし、普通に4Kなどで撮影すると、当然ですが、秒あたりにのファイル容量は増えます。なので、あくまで「最低限の目安」だと理解しておくのが良いと思います。

遠隔授業の場合は、先生を映しただけであれば、ほとんど背景が動きませんので、動画ファイルのファイルサイズ(容量)は結構抑えられそうですが、ところどころ全生徒が写ったりすると、それなりのファイルサイズにはなりそうです。

 

CONTACT

低コストの動画ストリーミング配信、遠隔授業のWebシステム開発をお手伝いいたします。お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせする