menu
札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発会社・アプリ開発会社です。

Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) 所属クラブチームの各種SNSアカウント 開設状況と利用実態の調査レポート 無償配布中!!

2016/10/06 Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) 所属クラブチームの各種SNSアカウント 開設状況と利用実態の調査レポート 無償配布中!!

株式会社デジタルファームでは、Jリーグ所属53クラブのSNSアカウントについてアカウント開設状況とその利用実態を調査し、そのレポートを無償配布いたします。以下、本レポートの一部を抜粋してご紹介いたします。

プレスリリースはこちら

調査の概要

この度株式会社デジタルファームでは、Jリーグ(正式名称「日本プロサッカーリーグ」、以下本書では「Jリーグ」と記載)に所属するクラブチームのSNSアカウントについて調査を行いました。
本調査では、JリーグのJ1、J2、J3ライセンスのいずれかを所持する53クラブが運用するSNSアカウント(アカウントが複数ある場合は全て)を調査対象としました。
調査対象としたSNSは、Twitter、Facebook、Instagram、YouTube及びLINEの5サービスです。
※YouTubeに関しては、SNSとしての側面は薄いものの、クラブがファンに対して情報発信するツールとして有効であることから本調査対象に含めるものとしました。

■レポートの目次
はじめに
調査対象・期間
用語の定義
1.サービス別利用率
2.総ファン数
3.Twitter
3-1.月平均ツイート数
3-2.画像入りツイート率
3-3.月平均ツイート数、画像入りツイート率、フォロワー数の相関
4.Twitterと他SNSの相関
5.まとめ
調査データ(別紙)

サービス別利用率

TwitterとFacebookはほぼ全てのクラブが運用しており、Instagram、YouTube及びLINEについてもJ1所属クラブは利用率が高くなっています。

<各サービスの利用率>

Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) 所属クラブチームの各種SNSアカウント 開設状況と利用実態の調査レポート 無償配布中!! 利用率の図

Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) 所属クラブチームの各種SNSアカウント 開設状況と利用実態の調査レポート 無償配布中!!各サービスの利用率

SNSアカウントの総ファン数とリーグ毎の比較

Twitterフォロワー数、Facebookいいね数、Instagramフォロワー数、YouTubeチャンネル登録者数、LINE友達数の合計値を「総ファン数」と定義し、そのクラブのSNSアカウントを恒常的に見ているユーザー数の指標としました。
J1、J2、J3のそれぞれのリーグ別に総ファン数を算出したところ、セレッソ大阪(J2)のみ突出した数値となっていますが、その他はJ1所属のクラブほど総ファン数も多く、次いでJ2、J3と総ファン数は減少する傾向がありました。
しかし、J1所属クラブでもJ2所属クラブよりも総ファン数が少ないチームもあるなど、J1はリーグ内での総ファン数に大きなばらつきが見られました。

Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) 所属クラブチームの各種SNSアカウント 開設状況と利用実態の調査レポート 無償配布中!! リーグ別総ファン数

 

今後のJリーグ所属クラブのSNSアカウント運用について

Jリーグのクラブは概ねSNSを精力的に運用していることがわかりました。その中でも特にTwitterとFacebookの利用率は高く、ほぼ全てのクラブが運用しています。
一方でInstagram、YouTube、LINEの運用率はあまり高くなく、特にJ2、J3所属クラブで低くなっています。これは、現在のSNS普及率を考えるとファンを逃している可能性もあり、今後の積極的な運用が求められます。
しかし、Jリーグ所属クラブほどの組織となるとSNSの運用も簡単ではなく、内容の吟味や炎上対策などに労力を必要とする面もあり、いかに費用対効果の高いアカウント運用ができるかがカギとなります。

別紙調査データのご紹介

レポートをお申し込みの皆様に、もれなく別紙調査データ(Excelファイル)をお付けいたします。 こちらには、本レポートでは紹介しきれなかった調査データも多く記載されています。

<<別紙調査データ内容>>
・調査対象サイト一覧
・マスターデータ(メインアカウントのみ)
・マスターデータ(サブアカウント含む)
・ファン数考察(マスターアカウントのみ)
・ファン数考察(サブアカウント含む)
・リーグ別総ファン数
・月平均ツイート数と画像入りツイート率
・Twitterフォロー数とフォロワー数
・YouTubeチャンネル登録者数と動画視聴回数
・本拠地とファン数

Webを活用してクラブチームの経営基盤を強化したい皆様へ

弊社のスポーツコンテンツ事業部では、各スポーツ・クラブチーム様のスポンサー営業、マーケティング、集客活動について、Webメディアを活用したお手伝いをしております。 上記の経営課題を解決する手段として、ウェブサイト、キャリア公式有料サイト、スマートフォンサイト、各ソーシャルアカウントの企画からデザイン、システム開発からサーバー運用保守 までをワンストップでご提供しており、複数のJリーグのウェブサイト、元・現日本代表アスリートのモバイルサイト等の実績と運用を行っております。Webサイトのリニューアル等をご検討中の際は、お気軽にご相談下さい。

 

レポートのお申し込み方法

本調査結果の詳細は以下のボタンからお問い合わせフォームよりお申し込みください。メールにて無償でご提供致します。

尚、頂いた個人情報については、資料配布以外の目的で使用はいたしません。詳しくはデジタルファームのプライバシーポリシーをご確認下さい

CONTACT

Web調査レポート

資料請求する

Category
Tags