menu
札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発会社・アプリ開発会社です。

ECサイトの運営を始めるなら、必ず用意しなければならない「ビジネスモデルの商品」がある

2016/01/28

ECサイトの運営を開始するにあたって、必ず用意しないとならないビジネスモデルの商品があります。それは「定期購読コース」です。

「定期購読コース」とは例えばこんなのを指します。

「頒布会」などもこの「定期購読コース」に含まれます。

通常の売上が不定期な「スポット型」とするのなら、このように、毎月商品が(ある意味勝手に)届く、定期購読コースというのは、「ストック型」と言い、毎月の売上確保という点で極めて重要な意味を持っています。

このような「定期購読コース」、ストック型売上というのは、営業、製造、様々な面で多大なるプラスの効果をもたらします。

まず販売面から見ますと、売上の固定化につながり、経営の安定化に寄与します。受注後は営業コストをかける必要がありませんので、それだけ利益率を高く取る事が出来ます。

また、製造面から見ると、メーカーが商品を製造する時極めて気になるのはどの程度作れなばいいのか、という在庫リスクの問題です。定期購読者が入れば、その分は自動ではける事になりますから、在庫リスクを低減しやすく、ある程度の見込みを元に生産量を考える事が出来ます。

また、定期購読者が一定数以上になりますと、いわゆるクロスセリング、アップセリングがしやすくなります(別途解説します)。

気の利いた、売上規模の大きなECサイトの会社では、ほとんど例外なくこの定期購読コースが用意されており、特に健康食品、化粧品のジャンルで顕著です。定期購読コースの顧客が増えていく、というのは、それだけECサイトから見ると貯金が増えるのと一緒なのです。

ECサイト 定期購読コース

 

何はともあれ是非「定期購読コース」を創設して下さい。無ければ既存の商品の異なる組み合わせでも問題ありません。まず始める事。損はありません。売上、経営の安定化を図ってださい。

 

・売れるための中小企業のためのECサイト構築、ECサイトのコンサルティング等のご相談はこちらまで。札幌、東京、全国どちらでもお伺いします。