menu
札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発会社・アプリ開発会社です。

ECサイトを始める際に、業種に関わらず必ず用意しなければならない商品とは?

最終更新日:2020/08/21   公開日:2016/10/20

15年前ですと、ECサイトを作っただけで新聞に記事として乗った牧歌的な時代もありましたが、今やどんな商品カテゴリでも競合他社がわんさかといるのが当たり前の時代になっています。

当然ですが、そんな時代ですから、ECサイトを作りました、というだけでは売れる可能性はほぼゼロと言っていいでしょう。競合他社はわんさかといます。

 

そんな厳しい競争環境の昨今ですが、ECサイトを始める際、どんな業種、どんな商品でも、必ず用意しなければならない商品があるのをご存じでしょうか。

 

それは「お試し商品」です。

通常より金額を低めにする事によって、購入障壁を下げ、次の本購入につなげる上で、「お試し商品」は「お客様作り」の極めて重要なポジション、役割を担っています。

ところが、意外とこれが出来てないECサイトが少なくありません。

いきなり本購入は、やはり敷居が高いと言わざるを得ません。まずは「お試し商品」を作り、徐々にお客様として育てていかなくてはなりません。

では、「お試し商品」とは、どのようなものを指すのでしょうか。

一般的には、以下の組み合わせで創り出す事が出来ます。

■商品属性

1 通常商品を利用

2 お試し用に別途商品を用意

■インセンティブの種類

A 定価の変更
特別価格で提供

B 送料無料
送料を無料にする。

C ツーインワン(two in one)
二個買ったら一個無料で付ける。

上記のいずれかを更に、

■インセンティブ行使に条件をつける

甲 期間で制限する
日程を限定する。広告開始から2時間だけ。

乙 購入個数で制限する。
世帯で1個。お一人様1個など。

丙 特定の広告を見ている人限定で提供する。
Web広告限定等。

 

ECサイトを始める際に、業種に関わらず必ず用意しなければならない商品とは?

 

この組み合わせで、お客様に「お試し商品」を提供する事が、新規のお客様を育てる上で大事なミソとなってきます。

ECサイトで商品を販売するとき、「お試し商品」はお客様に購入して頂く端緒となる非常に大事な商品になります。

ECサイト構築・ECサイトコンサルティングのご相談はこちらまで。札幌、東京、全国どちらでもお伺いします。

Tags