menu
札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発会社・アプリ開発会社です。

有料コンテンツ課金にとっても利く、ドコモの「spモード決済」とは?

2019/01/10 有料コンテンツ課金にとっても利く、ドコモの「spモード決済」とは?

弊社ではiモードが出始めた事か携帯電話会社の決済手段を活用したモバイルコンテンツの有料課金のシステムやサイト自体の構築を請け負ってきています。

カンタンに言うと、タレントさンや新聞社さんの有料記事(コンテンツ)を購入して閲覧したとき、支払いを携帯電話の利用料金と一緒にまとめて支払う、という仕組みです。

クレジットカードを登録するなどのわずらわしい必要が一切無く、簡単なパスワードで決済を済ますことができます。キャリア課金ですから、安全性も高いと言えるでしょう。

最近はキャリアの決済方法もいろいろと出てきていますので、改めてその方法についてご説明を差し上げます。今回はまずドコモの「spモード決済」についてご説明します。

 

有料コンテンツ課金にとっても利く、ドコモの「spモード決済」とは?

ドコモでは「spモード決済」というのがそれに当たります。正確には「spモード コンテンツ決済サービス」と言います。国内のコンテンツ決済においては10年以上市場シェアナンバー1と言って差し支えないでしょう。

spモード決済は、記事などのモバイルコンテンツ(無体物)を販売したい、という企業にとっては必須とも言うべき決済手段です。これ抜きに大きく売上を上げることは現実的ではありません。

しかし、この方法はどんな企業でも申し込めばすぐに使える、という気軽なサービスではありません。

GMOペイメントサービスやソニーペイメントサービス、pay.jpなどのいわゆる「クレジットカード代行決済会社」であれば、申し込めば簡単な審査だけですぐに申し込むことができます。

しかし、通常ドコモの「キャリア課金」というのは、利用するに当たっては様々な複雑で難解な手続きが必要になります。この手続きは仏運の「Webシステム開発会社」」や「ホームページ制作会社」ではほとんど経験が無く、事実上引き受けることは困難でしょう。この代行手続きだけでそれなりのコストが発生してしまうものです。

手続きは大きく言いますと、事業者登録→サイト企画審査→審査結果通知→合格の場合:課金モジュール提供:組み込み→テスト申請→合格の場合:承認通知・リリース日確定→リリース(ドコモメニューリスト掲載)という流れになります。

以前は企画書(通常はA4サイズで100枚近く!)を申請して、月2回、ドコモの中央会議で審査をしていました。そこで承認がおりますと、初めてサイト開発に入る事になります。つまり、企画の承認が下りてから開発する形になりますので、リスクはなかったわけです。

ところが数年前にこのフローが劇的に変わりました。今はまずサイトを開発し、存在していなければなりません(!)。それから申請になり、承認されれば課金モジュールを組み込む流れとなります。

つまり、今はサイトがspモード決済を使えるかどうかわからないに関わらず、先にサイトを開発していなければならないのです。当然承認率は100%ではありませんので、作ったものの、spモード決済が使えない、という事が起こりえるわけです。この場合、比較的審査が緩い、auやソフトバンクが提供している同様のサービスを利用する事は出来ますので、無駄になる、という事はありません。しかし、spもd決済は事実上50%以上のシェアを持っていますので、これを欠けてしまうのはかなりきびしいと言わざるを得ません。

弊社では今まで10年以上様々な有料コンテンツサイトの開発を手がけてきていますので、大体お話しをお聞きすれば、それがドコモの審査を通るかどうかは大体分かります。また、どのような切り口で企画書をかけばいいのかも分かっています。

 

 

「Webをビジネスにもっと活用したいが、どうしたらいいだろう」

お気軽にご相談ください。貴方のビジネスに寄り添いながら気の利いたご提案と開発を行います。

お問い合わせはこちらから