menu
札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発会社・アプリ開発会社です。

LINE広告の制約

2018/08/06

こんにちは。ゆたにです。すっかり夏らしくなりましたが、北海道の夏はお盆頃までなのでもう2週間ありませんね。暑いのは嫌いですがちょっとさみしい気もします。

今回はSNS広告、LINE広告についてです。弊社では正規代理店を介してクライアントの広告を掲出しています。これまで実施してみて感じた制約について、使用画像のテキスト量制限なんかは他でも書いてあると思うので、それ以外のもうちょっとニッチな部分を書いていきます。

  • 管理画面の共有が出来ない
  • 掲出予定広告のプレビューが見れない
  • 時間別の配信結果が出せない
  • 日別レポートの消化金額と管理画面上の消化金額が一致しない
  • 予算を100%消化できない

管理画面の共有が出来ない

禁止されているのか弊社でお願いしている代理店の都合かわかりませんが、管理画面を実際に操作する人以外に共有できないそうです。専用システムがあってそこから入稿するのは想像に難くないですが、どんな風に設定していくのかを見られないので、他のTwitterやFacebook(Instagram)広告のように設定しながら「こんな機能あったのか」「こっちのセグメントのほうが効果的かもしれない」といった気付きが生まれません。試行錯誤しながらやっていきたい方にはそもそも合っていないかもしれません。

 

掲出予定広告のプレビューが見れない

信じられないかもしれませんが、掲出予定の広告を配信前に確認することが出来ないんです。10代をターゲットにした広告だったのですが、そんなの私はじめ社員で確認できるわけないじゃないですか。これはとても困りました。自分で確認が出来る他社の広告をスクリーンショットして、そこに作成したクリエイティブとテキストをはめこんでそれっぽいものを作成して、あくまでイメージであるということを強調してクライアントへはお渡ししました。(代理店からもそうして渡されましたが画質がよくなかったので自分で作成しました)

 

時間別の配信結果が出せない

Twitter広告、Facebook(Instagram)広告では時間別の配信結果が出せますが、LINE広告では時間別集計の機能自体ないそうです。でも日予算が配信量に対して少ないと、消化スピードが早いので早々に予算が尽きて配信されなくなってしまいます。例えば毎日0時からその日分の配信が開始されますが、それが朝6時までに使い切られてしまった場合はその後の18時間は配信がされないのです。対策としてはクリック単価を下げるしかないようです。主に土日で発生します。土日に朝6時で配信が勝手に終わられてたらダメージ大きいですよね。

 

日別レポートの消化金額と管理画面上の消化金額が一致しない

これは弊社で気付いて代理店にLINE社へ確認をしていただいたのですが、小数点の関係で一致しないそうです。どういう計算をしているのか気になるところです。日別レポートのほうが少なくなりますが、管理画面上に表示されている金額が支払わなきゃならない出稿金額になるそうです。参考までに、25万円以上の出稿で、差異は10円以下でした。

 

予算を100%消化できない

どういうことだよと思いますが、「設定した予算の98%を消化した時点で満額消化とみなされる」のだそう。25万円以上の出稿で、3,000円と少しが消化されずに回収されてしまいました。設定自体は満額消化の設定ができるようなのですが、終わってみると98%消化でストップしていてお金が残っていることがわかります。クリック単価70円だとしてあと40回くらいはクリック数を稼げたのに…

 

はい。どうでしょう。結構致命的な制約があるなと感じたのは私だけでしょうか?特にお金についてよくわからない理由があるという印象です。小額での掲出を検討されている方は、今回は見送ったほうがいいかもしれません。代理店に依頼すると当然ですが別途手数料もかかりますので、よく相談を。

「Webをビジネスにもっと活用したいが、どうしたらいいだろう」

お気軽にご相談ください。貴方のビジネスに寄り添いながら気の利いたご提案と開発を行います。

お問い合わせはこちらから