menu
Webを活用してお客様のビジネス課題を解決します。札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発・サーバ構築会社です。
Google検索品質評価ガイドラインPart 1「ページ品質評価のガイドライン」

3.2 専門性、権威性、信頼性 (E-A-T)

最新原文:2021年10月19日 | 公開日:2022年07月05日

専門性、権威性、信頼性(E-A-T)がどれだけあるかは非常に重要です。ぜひ検討してください:

● MCの制作者の専門性。
● MCの作成者、MC自身、およびウェブサイトの権威性。
● MCの作成者、MC自身、およびウェブサイトの信頼性。

ゴシップサイト、ファッションサイト、ユーモアサイト、フォーラムやQ&Aページ、その他のページなどでもE-A-T度の高いページや ウェブサイトがあることを心に留めておいてください。実際、情報の種類によってはほとんどフォーラムやディスカッションにしかないものもあり、そこでは専門家のコミュニティが特定のトピックについて貴重な視点を提供してくれることがあります。

● 高E-A-Tな医学的アドバイスは適切な医学的専門知識または認定を受けた人または組織によって書かれ、あるいは作成される必要があります。高E-A-Tの医療アドバイスや情報は、専門的なスタイルで書かれ定期的に編集、レビュー、更新されるべきです。
● E-A-T度の高いニュース記事はジャーナリストとしてのプロ意識を持って作成されるべきです。事実上正しいコンテンツを含み、ユーザーが出来事をより良く理解できるような表現方法で提供されるべきです。E-A-T度の高いニュースソースは確立された編集方針と強固な審査プロセスを公表しています。(例1例2
● 科学的なトピックに関する高E-A-T情報ページは適切な科学的専門知識を持つ人々または組織によって作成され、そのようなコンセンサスが存在する問題については十分に確立された科学的コンセンサスを表すべきです。
● 高いE-A-Tの財務アドバイス、法的アドバイス、税務アドバイス、等々は信頼できる情報源から提供され、定期的に維持と更新が行われるべきです。
● 家のリフォーム(数千ドルの費用がかかり、生活環境に影響を与える可能性がある)や、子育ての問題(家族の将来の幸福に影響を与える可能性がある)などのトピックに関する高いE-A-Tアドバイスページはユーザーが信頼できる「エキスパート」または経験豊富な情報源から提供されるべきです。
● 写真やギターの演奏方法を習う等の高E-A-Tな趣味のページも専門的な知識が必要です。

トピックの中にはそれほど正式な専門知識を必要としないものもあります。多くの人々が商品やレストランの非常に詳細で有益なレビューを書いています。フォーラムやブログなどでコツや人生経験を共有する人も大勢います。このような普通の人は人生経験のあるトピックでは専門家とみなされるかもしれません。コンテンツを作成する人がその分野の「専門家」になれるような種類と量の人生経験を持っていると思われる場合、私たちはこの「日常の専門知識」を評価し、その分野の「正式な」教育や訓練を受けていないことを理由にその人/ウェブページ/ウェブサイトにペナルティを課すことはありません。

さらにYMYLのトピックに日常的な専門知識を持つことも可能です。例えば特定の病気を持つ人々のためのフォーラムやサポートページがあります。個人的な経験を共有することは日常の専門知識の一形態です。この例を読んでください。ここでは、フォーラムの参加者が自分の愛した人が肝臓癌でどのくらい生きたかを話しています。これは個人的な経験(彼らはそれについては専門家です)を共有する例であり医学的なアドバイスではありません。具体的な医療情報やアドバイス(人生経験の記述ではなく)は、医師やその他の医療専門家から得るべきものです。

ページのトピック、テーマについて考えてみましょう。そのページがうまく目的を達成するためにはどのような専門知識が必要でしょうか?専門知識の基準はページのトピック、テーマによって異なります。

原文

3.2 Expertise, Authoritativeness, and Trustworthiness (E-A-T)

The amount of expertise, authoritativeness, and trustworthiness (E-A-T) is very important. Please consider:

● The expertise of the creator of the MC.
● The authoritativeness of the creator of the MC, the MC itself, and the website.
● The trustworthiness of the creator of the MC, the MC itself, and the website.

Keep in mind that there are high E-A-T pages and websites of all types, even gossip websites, fashion websites, humor websites, forum and Q&A pages, etc. In fact, some types of information are found almost exclusively on forums and discussions, where a community of experts can provide valuable perspectives on specific topics.

● High E-A-T medical advice should be written or produced by people or organizations with appropriate medical expertise or accreditation. High E-A-T medical advice or information should be written or produced in a professional style and should be edited, reviewed, and updated on a regular basis.

● High E-A-T news articles should be produced with journalistic professionalism—they should contain factually accurate content presented in a way that helps users achieve a better understanding of events. High E-A-T news sources typically have published established editorial policies and robust review processes (example 1, example 2).

● High E-A-T information pages on scientific topics should be produced by people or organizations with appropriate scientific expertise and represent well-established scientific consensus on issues where such consensus exists.
● High E-A-T financial advice, legal advice, tax advice, etc., should come from trustworthy sources and be maintained and updated regularly.

● High E-A-T advice pages on topics such as home remodeling (which can cost thousands of dollars and impact your living situation) or advice on parenting issues (which can impact the future happiness of a family) should also come from “expert” or experienced sources that users can trust.

● High E-A-T pages on hobbies, such as photography or learning to play a guitar, also require expertise.

Some topics require less formal expertise. Many people write extremely detailed, helpful reviews of products or restaurants. Many people share tips and life experiences on forums, blogs, etc. These ordinary people may be considered experts in topics where they have life experience. If it seems as if the person creating the content has the type and amount of life experience to make him or her an “expert” on the topic, we will value this “everyday expertise” and not penalize the person/webpage/website for not having “formal” education or training in the field.

It’s even possible to have everyday expertise in YMYL topics. For example, there are forums and support pages for people with specific diseases. Sharing personal experience is a form of everyday expertise. Consider this example.
Here, forum participants are telling how long their loved ones lived with liver cancer. This is an example of sharing personal experiences (in which they are experts), not medical advice. Specific medical information and advice (rather than descriptions of life experiences) should come from doctors or other health professionals.

Think about the topic of the page. What kind of expertise is required for the page to achieve its purpose well? The standard for expertise depends on the topic of the page.