menu
Webを活用してお客様のビジネス課題を解決します。札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発・サーバ構築会社です。
Google検索品質評価ガイドラインPart 1「ページ品質評価のガイドライン」

4.3 分かりやすく、満足度の高いウェブサイト情報:誰が責任者なのかと顧客サービス

最新原文:2021年10月19日 | 公開日:2023年03月26日

ウェブサイトの責任者を理解することは、ほとんどの種類のWebサイトにおいてE-A-Tを評価する上で重要な要素となっています。高品質なページにはユーザーが安心してサイトを信頼できるように、サイトに関する明確な情報を掲載する必要があります。

E-A-T評価に必要な情報量はウェブサイトの種類によって異なります。例えば、YMYLサイトでは高い信頼性が要求されるため一般的にサイトのコンテンツに誰が責任を持つのか、満足のいく情報が必要とされます。さらに、高品質な店舗や金融取引のサイトではユーザーが問題を解決するための明確で満足のいくカスタマーサービス情報が要求されます。

YMYLのウェブサイトではない他のウェブサイトでは、その目的に応じてそれほど多くのウェブサイト情報を必要としない場合があります。例えば、YMYL以外のウェブサイトでは電子メールアドレスで十分な場合があります。

原文

4.3 Clear and Satisfying Website Information: Who is Responsible and Customer Service

Understanding who is responsible for a website is a critical part of assessing E-A-T for most types of websites. High quality pages should have clear information about the website so that users feel comfortable trusting the site.

The amount of information needed for E-A-T assessment depends on the type of website. For example, YMYL websites demand a high degree of trust, so they generally need satisfying information about who is responsible for the content of the site. In addition, High quality stores and financial transaction websites also need clear and satisfying customer service information to help users resolve issues.

Other websites that are not YMYL websites may need less website information, depending on the purpose of the website. For example, an email address may be sufficient for some non-YMYL websites.