menu
札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発会社・アプリ開発会社です。

携帯公式サイト「旭山動物園モバイル」

2009/04/24

フィーチャーフォンサイト構築

北海道放送株式会社様 携帯公式サイト

「あさひやま“もっと夢”基金応援サイト 旭山動物園モバイル」

旭山動物園モバイル
このページは、JNN系列局である北海道放送株式会社が運営する「あさひやま“もっと夢”基金応援サイト 旭山動物園モバイル」(通称:旭山動物園モバイル)において全面採用されました「携帯CMS」並びにその構築事例についてのご紹介ページです。

プレスリリースはこちら

「旭山動物園モバイル」は旭川市が制定した旭山動物園オフィシャルサポーター制度に基づいて、HBCが企画・制作する旭山動物園の応援サイトです。

単にシステム売りではなく、ユーザビリティのコンサルティングから

弊社では、単にシステム屋として「携帯CMS」をご提供した、というのではなく、企画からユービリティ設計、デザイン、システム開発、運用までコンサルティングを交えて全面的にご協力をさせていただきました。

例えば携帯コンテンツにおけるユーザビリティのコンサルティングなどもその一例です。動物の詳細コンテンツページにおいては、当初では図-1の左図の様なページを想定していました。ところが、この画面遷移では、その動物を検索して到達したにもかかわらず、肝心のその説明コンテンツである<概況>が、「動画」「着ボイス」等のメニューによって、はるか下部においやられてしまい、スクロールをしなければ読めない、という問題がありました。

図-1 動物コンテンツページのユーザビリティの改善

これを図-1の右図の様に、説明コンテンツを上部に持ってくることによって、検索からダイレクトにその動物の詳細説明を読めるように改善を行いました。また、それだけではなく、当初案では一律に縦に展開していた「動画」「着ボイス」等を並列に一行に並べる事によって、縦のスクロール距離を短くし、ユーザーへの操作ストレスを大きく削減する事に成功致しました。

企画書を作る、つまり企画を創る。

また、ドコモ様等、キャリアへ提出する企画書につきまして、HBC様から全面的にご依頼を頂きました。企画書を作成するというのは、単に「清書」をする、というだけではなく、プロジェクトにおいては、企画案そのもののブラッシュアップを重ねていく作業でもあります。弊社ではこれまでも数多くのサイトの企画書を低コストかつ迅速に作成してきてますが、HBC様にはそこをご評価頂き、最終的にドコモ様をはじめキャリアの企画審査において、迅速にご承認頂く事が出来ました。

旭山動物園モバイル企画書
旭山動物園モバイル企画書

多岐にわたるコーナーを統合管理

管理機能においては、動物を起点とした統合管理を実現いたしました。例えば通常のコンテンツ管理であれば、そのコーナーに対応した管理機能があり、コーナーと管理機能は1:1の関係になります(図-2参照)。これは管理オペレーション上、非常に分かりやすいのですが、他方今回の様な例えば「動物」等、メインとなる対象が一種類の場合は、複数のコーナー(例えば待ち受け、デコメ)等で同じ動物が何度も出てきますので、結果的に動物の重複登録が避けられません。

図-2 オペレーションが複雑な管理方式

これを避けるために、本サイトでは携帯CMSの集中管理方式を採用しています。それは、まず起点となる動物の基本情報を登録するコーナーを管理画面に儲けます。そして、待ち受け画像管理や着ボイス管理において、事前に登録されている動物を「呼び出す」事によって、その動物に関連するコンテンツ(写真や着ボイス)を登録する、という統合管理を実現しています(図-3参照)。これによって、コーナーによって同じ動物名を何度も入力するという手間も省け、オペレーションも極めてスマートにカンタンにコンテンツ登録・変更・削除を実現いたしました。

図-3 オペレーションが簡単な集中管理方式 

HBC北海道放送株式会社様 電子メディア局 部長 花里康生様
「デジタルファームさんは他の部署はお世話になっており、今回もその関係で他部署からの紹介で、この案件もお願いしました。話に聞いていたとおり、単に整理された要件通りにWebシステムを開発するのではなく、我々が自社で整理しきれない要件をきちんとくみ取っていただき、Webシステムの実装を行って頂けるので、本当に頼りになるパートナーでした」

SITEDATA

サイト名 あさひやま“もっと夢”基金応援サイト 旭山動物園モバイル
会社名 北海道放送株式会社
UpDate [2009.04.24]
対応範囲 フィーチャーフォン,プランニング,デザイン,システム,サーバ

JNN系列局であるHBC北海道放送様が運営する「あさひやま“もっと夢”基金応援サイト 旭山動物園モバイル」がオープン、デジタルファームの「携帯CMS」が全面採用されました。

■概要
旭山動物園を一躍有名にした『行動展示』を、動画・音声・画像などで携帯サイトからも楽しむことができる各種エンターテイメントコンテンツがふんだんに盛り込まれています。また、動物についての詳細な解説や園長、スタッフのブログも掲載、動物を取り囲む地球環境について考える啓蒙活動の一助となる事も企図しています。

「Webをビジネスにもっと活用したいが、どうしたらいいだろう」

お気軽にご相談ください。貴方のビジネスに寄り添いながら気の利いたご提案と開発を行います。

お問い合わせはこちらから