menu
札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発会社・アプリ開発会社です。

お客様のビジネスに
寄り添って
Web制作を行う事が出来る

弊社の強みは、スタッフ一人一人が多様なバックグラウンドを持っており、いわゆるホームページ制作業界、システム業界の「外の世界」からやってきた者が多い、という事です。
例えば代表を務める田中は、前職は食品製造メーカーで新規事業担当の部署におり、食品のマーチャンダイジングは勿論、経済産業省の低温生物化学研究所に出向し研究から特許知財管理業務まで担当したり、通信販売事業、花卉の輸入栽培事業、遊休不動産の活用等など、多岐にわたる事業戦略の立案やマーケティングに「ITを使うプレイヤー」として関わってきました。
このため、プレイヤーであるお客様の側に立って、Web制作やシステムの仕様がどうあるべきなのか、どう活用するべきあるのかを考えて、ご提案する事が出来ます
単に「綺麗なホームページを作りますので仕様をおっしゃてください」ではなく、作るしか知らない「専門バカ」でもなく、「御社の強みを生かす、御社がWebを活用するのであれば、こうする【べき】です」という、お客様のビジネスに寄り添って、Webの制作やシステムの仕様開発をご提案出来るのが、弊社の強みだと自負しています。

Case 1

競合他社製品を
全部購入して食べてみる

顧客のビジネスを理解するために、顧客の競合他社の製品をデパートなど5店舗を周り25製品を購入。それらを全て試食し、STP(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)分析による戦略立案を行いました。お客様の強み、ポジションを肌で実感するには、競合製品を実際に見て触って感じる事が大事だと我々は考えています。

Case 2

一緒に飛び込み営業

新たに会社を立ち上げた方から、Webを通じても新規顧客を獲得したい、というご要望を頂きサイトを構築いたしました。その後、会社の営業用紙パンフレットの資料に帯する助言や、市場調査もかねて一緒に街に繰り出し、飛び込み営業をお手伝いするなどし「ここまで手伝ってくれるWebサイト制作会社を見たことがない」と言って頂きました。徹底的に顧客の気持ちに寄り添い、ビジネスツールの開発という観点でサイトをお作りしています。

Case 3

ラーメンスープを
6時間かけて作る

自称日本一ラーメンを食べた男、ラーメン評論家の大崎様が企画立案した「ラーメンバンク」のポータルサイト構築を御依頼頂きました。ポータルサイトに集うラーメン店主の大変さ、ラーメンファンの気持ちに少しでも近づけるように実際に豚骨鶏ガラを購入し、寸胴で6時間煮詰めてイチからラーメンスープを作り、その神髄を学びました。これによって、実はスープ造りがいかに繊細かつ重労働であるかを知り、ラーメン店の方々へ、深いリスペクトを持ってモバイルサイトの制作を行う事が出来ました。

「お客様のビジネスに徹底的に寄り添う」それがデジタルファームです。

Webを活用した集客、販売、採用、
マーケティングにお悩みですか?
是非デジタルファームにご相談下さい。

ご相談・お問い合わせする