menu
札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発会社・アプリ開発会社です。

「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら(3)まとめ

2018/12/20 「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら

「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら、ですが、(3)のまとめです。そんな時はここのサイトで調べるといいですよ、というのを5つまとめさせて頂きました。

see also:
「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら(2)

 

Webサイトの表示速度の計測は、計測ツールによって偏った値が出ることがあります。

こののため、出来れば以下のうち二つくらい、1と2と5はやっておいた方が無難だと思います。理由も含めて以下説明していきます。

 

1 Google PageSpeed Insitgts

「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら

これはまず必ずやりましょう。その(2)でもご紹介さしあげた通り、PCとモバイル、個別にWebサイトの表示速度が掲示されますのと、どこを改善したらいいのか、という事が割と細かく出てきます。

「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら

ですが、管理職のあなたはそういう細かい話はスタッフに任せて、事実だけ確認しましょう。

 

2 GTmetrix | Website Speed and Performance Optimization
「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら

出来ればこれもやっておきましょう。GoogleのPagespeed Insightsと同様に、速度改善のために行うべき点や、表示が遅いファイルが何かの特定も出来ます。

「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら

注:画像をクリックするとページ全体が表示されます

また、会員登録しなくても、競合サイトとの比較までばっちり出来てしまいます。Googleのツールばかり使っておいると、偏ってしまいますので、これもやっておく事をおすすめします。これもあなたは表示結果が速いか遅いかだけ確認して、細かいところはスタッフに頼みましょう。

3 Googleアナリティクス

「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら
まさかGoogleアナリティクス、自社サイトに入ってないなんて事はありませんよね?サイトがどの程度見られているのか、効果を出しているのかを見る上で、もし万が一入ってなかったら一大事です。すぐに入れましょう。

「行動」 → 「サイトの速度」 → 「概要」で確認出来ます。その(1)でもご紹介しています。

「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら

ただしgoogleだからという妄信は禁物です。ある条件、角度から見た事実に過ぎません。またしばしば体感と異なる値が出ることがありますから、この点でも先にご紹介したGTmetrixのような非Google系サイトでのチェックも行いましょう。

 

4 TestMySite
「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら TestMySite
これもGoogleのWebサイト表示チェックツールですが、モバイルでの場合に特化しています。標準接続(3G網)で見た場合はどうなるのか、わかりやすく表示してくれます。

「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら TestMySite

推定離脱率なんか出してくれます。表示がわかりやすいですね。

「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら TestMySite

同じ業種内の比較なんかも勝手にしてくれますが、どういう基準かは不明かつGoogle任せです。

「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら TestMySite

まあ何でも鵜呑みにする必要もありませんので、一つの目安として理解すれば良いと思います。無料レポートなども見ることが出来、全体的にインスタントな使い勝手です。まあ、Googleでばっかりチェックしてもどうかと思いますので、これは気が向いたらでいいと思います。

5 インターネット回線の速度テスト | Fast.com
「自社のWebサイトの表示速度ってなんか重くない?」と思ったら fastcom

これは実はWebサイトの表示速度ではなく、お使いのネット回線がどの程度速いのか遅いのかの計測ツールです。

Webサイトの表示速度が遅いのは、大きく分けると(1)Webサイトやサーバー側の問題 (2)あなたが使っているオフィスの中の回線の問題 とでわける事が出来ます。

この速度テストサイトはなんとNETFLIXが用意しています。ネットで動画を見る場合「なんで遅いんだ!」とクレームを言う人は多いでしょうから、「ここ調べてから文句言えや」とさすがアメリカ人、先手必勝ですね。

Webサイトが遅いぞ。サーバおかしいのでは?と考える前に、オフィスの回線速度を見てみましょう。

速度の単位はMbpsというもので、簡単に言うと毎秒あたる何メガバイトデータ転送が出来るかというものです。

ところで、この数値、回線の「くだり」の速度を示しています。

実は回線には「のぼり」と「くだり」があり、「のぼり」とはあなたがメールを送信したり、写真をサーバにアップするときの速度の事です。

「くだり」はWebサイトを見るときの速度です。

つまりものすごい大事なのは「くだり」です。

数値的には30位出ていればまあ普通で、10以下だと相当遅い、というか、業務に差し支えの出るレベルだと思います。すぐネットワークを改善しましょう。

 

※「Webサイト」、とは「ホームページ」と同じ意味です。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

「Webをビジネスにもっと活用したいが、どうしたらいいだろう」

お気軽にご相談ください。貴方のビジネスに寄り添いながら気の利いたご提案と開発を行います。

お問い合わせはこちらから