menu
札幌・東京を拠点にWebコンサルティングをコアにした、Web制作・Webシステム開発会社・アプリ開発会社です。

「平均セッション時間」が商売の基本にかなっている理由

2017/04/05

ホームページをお持ちの方ほとんどの方が、Googleアナリティクスを導入されているかと思います。

その中に、「平均セッション時間」というのが出てきます。

札幌 ホームページ制作

いわゆるこれですね。これ、どういう意味かご存じでしょうか。

「平均セッション時間」というのは、簡単に言うとそのホームページにどれくらい滞在していたか、という時間の長さです。この数字、つまり滞在時間が長ければ長いほどそのホームページを閲覧しており、情報に触れる時間が長かったという事になります。

ホームページの運用においては、いかにこの「平均セッション時間」をいかに長く伸ばすか、という事が運用指標の大事な一つになります。

これはリアルで考えるともっと分かりやすくなります。例えば小売業をやっている方はすぐに分かると思うのですが、お客さんには出来るだけ長く店舗内にいて頂いた方が、売上が上がる確率が上がります。つまり、店舗滞在時間(=平均セッション時間)が長いほど、ビジネスチャンスが増えるワケです。

ホームページもそれと全く同じで、滞在時間が長くなればなるほど、商品へのお問い合わせ(見込み客化)や購入(売上化)していただける確率が高まります。つまりホームページの運用において基本的な目標設定として、この「平均セッション時間」をいかに長くするか、という事が重要になってくるワケです。

それに関連して、先日非常に興味深い仕掛けを見つけました。ロイターのニュースサイトです。

このサイトではページ下部のページ送り処理において、

「記事を1ページに表示する」

という機能をつけています。

札幌 ホームページ制作

特にニュース系サイトはテキスト中心になりますので、ユーザーに対するきめ細やかな配慮が重要です。これは他ではあまり見かけない仕掛けです。

つまり、「平均滞在時間」をいかに伸ばせるか、というのは、ホームページの記事を読んでいて、使っていて、「居心地が良いかどうか」と感じさせる事がものすごい重要になってくるワケです。

いわばホームページの操作性がキモになるわけで、こういう小さな仕掛けの積み重ねが、「平均セッション時間」やPV等を底上げしていく要因となります。

我々の業界ではこれをちょっと格好つけて「ユーザーエクスペリエンス」と言ったりします。ホームページを使ってユーザーが出来る体験の質を上げる事が、問い合わせを増やし、見込み客を増やし、売上を増やすことに繋がるわけです。「カスタマーのユーザーエクスペリエンスをいかに向上させるかです」とコンサルは良く言いますが、要は「いかに使い勝手の良いホームページを作るかです」と言ってるだけです。この業界はほんとカタカナが多いですよね。

ただし、この「平均セッション時間」には「ワナ」も仕込まれています。どういう事か。例えば、以下に10人の小学生のテスト結果があります。

札幌 ホームページ制作

これをグラフにしてみました。

札幌 ホームページ制作

見ての通り、10人の平均点は66点ですが、平均点を取った子は一人もいません。つまり平均値の場合は、このような事が起こりえるので予め注意が必要です。しかし、そこを踏まえた上で、一つの指標として大事なのは変わりません。

 

ちょっと例えがベタかも知れませんが、イチローの3,000本安打が、1本1本のヒットと努力の積み重ねで成り立っているのと同様、ホームページで結果を出すためには日々地道な改善と努力が重要です。ただ、イチローとの最大の違いは、プロスポーツ選手の旬は短く、努力と結果が必ずしも比例関係にないことです。ホームページ制作や運用はこのような細かい仕掛け、改善を積み重ねて行くとで、時間がかかっても「必ず結果がついてくる」業界です。あきらめずにコツコツと改善を積み重ねて下さい。

 

 

・札幌を始め北海道全域や東京など、ホームページ制作のご相談はお気軽にお寄せ下さい。営業や経営に役立つWeb戦略の策定から御提案させて頂きます。

「Webをビジネスにもっと活用したいが、どうしたらいいだろう」

お気軽にご相談ください。貴方のビジネスに寄り添いながら気の利いたご提案と開発を行います。

お問い合わせはこちらから